• トップページ
  • > 59種類の栄養素を持つスーパーフード「石垣島ユーグレナ」

59種類の栄養素を持つスーパーフード「石垣島ユーグレナ」 59種類の栄養素を持つスーパーフード「石垣島ユーグレナ」

ユーグレナの和名はミドリムシですがワカメと同じ藻(も)の一種です。
植物と動物、両方の特徴を持つため、野菜や魚、肉などに含まれる59種類の栄養素を摂ることができるスーパーフードです。
石垣島ユーグレナは、現代人が抱える健康不安にアプローチし、からだのもとから持続的な健康に導きます。

ユーグレナの特徴 その1

植物と動物の性質で幅広い栄養素

野菜・魚・肉が持つ、人間に大切な栄養素59種類がバランスよく含まれていて、カラダ全体にチームワークで働きかけます。

59種類の栄養素がチームワークで働く

59種類の栄養素がチームワークで働く

ユーグレナに含まれる59種類の栄養素

ビタミン類(13種類)

ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸

アミノ酸(19種類)

イソロイシン、ロイシン、バリン、ヒスチジン、リジン、メチオニン、トリプトファン、フェニルアラニン、スレオニン、アスパラギン酸、アラニン、アルギニン、シスチン、グルタミン酸、グリシン、プロリン、セリン、チロシン、GABA

不飽和脂肪酸(12種類)

DHA、EPA、α-リノレン酸、エイコサテトラエン酸、リノール酸、ジホモ-γ-リノレン酸、アラキドン酸、エイコサジエン酸、ドコサテトラエン酸、ドコサペンタエン酸 、パルミトレイン酸 、オレイン酸

ミネラル(9種類)

ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガン

その他元気成分(6種類)

パラミロン(βグルカン)、ルテイン、ゼアキサンチン、クロロフィル、スペルミジン、プトレッシン

ユーグレナの特徴 その2

細胞壁を持たないから
栄養が吸収されやすい

野菜には細胞や組織を支える働きをしている「細胞壁」があります。じつはこの硬い「細胞壁」があると消化・吸収されにくいのです。
ユーグレナは細胞壁をもたないため、93.1%という高い消化率で栄養が体内に吸収されやすい特長があります。

出展:「ユーグレナ―生理と生化学」北岡三郎 編集 学会出版センター

ユーグレナは栄養素を吸収しやすい

ユーグレナは栄養素を吸収しやすい
ユーグレナは栄養素を吸収しやすい

ユーグレナの特徴 その3

ユーグレナに含まれる
たくさんの栄養素

石垣島ユーグレナ10億個(約1000mg)に含まれる栄養素を他の食材にたとえるとこんなにもたくさん!

※「からだにユーグレナ」の商品はすべて、石垣島ユーグレナ10億個以上(1日摂取目安量当たり)で作られています。

ユーグレナに含まれる栄養素を他の食材にたとえると

ユーグレナに含まれる栄養素を他の食材にたとえると

ユーグレナの特徴 その4

ビタミン・ミネラル・食物繊維が
バランスよく

栄養素が豊富なスムージー・青汁素材と比べても、石垣島ユーグレナには、「ビタミン」「ミネラル」「食物繊維」がバランスよく含まれています。これらの栄養素は、三大栄養素(炭水化物・たんぱく質・脂質)の働きを調整し、からだの調子を整えます。さらに、現代の子どもたちに不足しがちな「カルシウム」「鉄」「食物繊維」も含まれており、子どもの成長や体調を整え、サポートします。

※ユーグレナに含まれる量を1としたときの比率(%) 
※ユーグレナ以外:日本食品標準成分表2015年版(七訂)追補2019 
※ユーグレナグラシリス_EU-18107(EU-18107:2018年2月28日生産)日本食品分析センター分析試験成績書より引用

ユーグレナの特徴 その5

注目成分パラミロン

ユーグレナは、他の生物にはない特有成分パラミロンを多く含んでいます。
パラミロンはキノコなどに多く含まれるβ-グルカンの一種です。食物繊維であるパラミロンは、健康への応用が期待され、多くの学者や専門家が研究を進めている注目の成分です。

青山学院大学 福岡伸一教授

青山学院大学 福岡伸一教授

豊かな自然で育まれた 石垣島ユーグレナ 豊かな自然で育まれた 石垣島ユーグレナ


豊かな太陽と、ミネラル豊富な水に恵まれた石垣島は高品質なユーグレナを育てる、最適な環境です。
ユーグレナはここに生産拠点を設け、"石垣島ユーグレナ"を作っています。