2022年、あなたはどうやってサステナブる?

SUSTAINABLE LIFE

あなたも、
あなたの大切な方も、
そして地球も健やかに。

イメージイメージ

日々の「健康」づくりにユーグレナと一緒に取り組みませんか?

「健康」への意識がますます高まるこのご時世。しかし、一概に「健康」といっても、いろいろな「健康」があります。

自分自身の心身の健康や、家族みんなの健康。そして、そんな私たちが生活する地球が健やかで、人間だけではなくすべての生態系にとって住みやすい場所であること。

私たちユーグレナの思いは、「人と地球を健康にする」こと。そして、その方法が「Sustainability First(サステナビリティ・ファースト)」であるということです。

イメージ

健やかな日々をみなさまと一緒に作っていきたい。そんな思いから「2022年サステナブる宣言~今年、あなたがご自身や大切な方、そして地球を健康にするために心掛けたい行動~」を募集いたしました。
結果、約200名のみなさまがメッセージをお寄せくださいました。

今回はその中から一部ではございますが、みなさまからの「ユーグレナと一緒に取り組みたいサステナブるな活動」にまつわる抱負について、ご紹介いたします。

イメージ

絵馬のご紹介

~サステナブるな
日々の健康づくり部門~

  • 夫婦揃って健康に過ごせるように、
    ユーグレナを摂りつつ
    一緒に筋トレをする!

    体調を崩さず元気に過ごすためには、からだづくりはとても大切ですね。それぞれの生活スタイルに最適なかたちでからだにユーグレナをお届けできるよう、開発に取り組んでまいります。
  • 健康とエコ活を兼ねて、
    出かける時はなるべく歩く。
    エレベータやエスカレータではなく、
    階段を使う。

    体力の維持にも精神的なリフレッシュにもなる一番身近な運動として、多くの方から「歩くこと」に関するメッセージをいただきました。ご自身の健康づくりが地球の健康にもつながる、とても素敵な取り組みですね。
  • 食べ物は安全なものを
    無駄なく使い切る。
    生活用品は良いもの長く使い続ける。
    自分の身体には投資する。

    「人間は食べたものからできている」とよく言われます。口にするものや肌につけるものなど、生活に取り入れるものは安心安全であってほしいですね。

そんなサステナブるな
健康宣言を応援します

忙しい日々の中でも、資本となる身体はケアしたい 自分にも誰かにもGoodでありたい忙しい日々の中でも、資本となる身体はケアしたい 自分にも誰かにもGoodでありたい

そんな方は・・・

59種類の栄養素 ヨ―グルト10個分の
乳酸菌 ぎゅっと濃縮59種類の栄養素 ヨ―グルト10個分の
乳酸菌 ぎゅっと濃縮

料理やお菓子、飲みものに加えるだけで
簡単においしく栄養がとれる

イメージ

絵馬のご紹介

~サステナブるな
地球の健康づくり部門~

  • マイクロプラスチックや
    プラスチックごみが海へ流れない為に、
    海岸のゴミ拾い活動に参加したい。

    地球の表面の約7割が海。海洋環境への意識も大事ですね。石垣島ユーグレナも、2019年にASC-MSC認証(海藻)を世界で初めて取得し、サステナブルな原料として認められました。
  • 乗っているクルマの燃料を
    バイオ燃料にしたい!

    応援ありがとうございます!サステオの開発や拡大に、今後とも精一杯取り組んでまいります。

そして、わたしたちユーグレナは
2022年、みなさまと一緒に以下の
ことに取り組みます。

2022年、ユーグレナの
「サステナブる」宣言

アイコン

ヘルスケア食品「からだにユーグレナ」をもっとおいしく、もっと多くのみなさまへ

アイコン

より良い商品づくりへの取り組み

アイコン

サービスをもっと便利に

アイコン

サステオのさらなる拡大へ

※「サステオ」=事業所や家庭で使用されたのちに回収された使用済み食用油と、微細藻類ユーグレナ等の藻類を原料としたユーグレナのバイオ燃料のブランド名のこと。

「ユーグレナを通して、未来を担う子どもたちの健康を支える」という
サステナブるに、取り組んでみませんか?

  • ユーグレナは、社長の出雲が学生時代に訪れ、創業のきっかけとなったバングラデシュの子どもたちへの支援を続けています。

    石垣島ユーグレナの持つ59種類の豊富な栄養素と、1日に必要な量※のビタミンAや鉄分などを摂取できる「ユーグレナクッキー」の配布開始から8年が経ったいま、みなさまのご協力のおかげで1200万食以上をバングラデシュの子どもたちに届けることができました。この取り組みを始めた2014年には小学生だった子どもが、中高生になり、元気に成長している姿を見ると、感慨深いものがあります。

    ※厚生労働省が定める日本人の食事摂取基準2015年版の8~9歳の数値との比較
  • イメージイメージ

私たちの「人と地球を健康にする」ための歩みは始まったばかりです。

その中で、ご不便をおかけしてしまっていることや改善すべきことがたくさんございます。
みなさまからいただいているお声は、すべて拝見しております。
今すぐのご対応が難しく、悔しい思いをしていることが多くございます。

ですが、その一つひとつから目を背けず、一過性のものではない
サステナビリティ・ファーストなやり方で「人と地球を健康する」ために挑戦してまいります。

あなたも、あなたの大切な方も、そして地球も健やかに。そんな日々の「健康」づくりにユーグレナと一緒に取り組みませんか?