エネルギー・環境事業

ユーグレナが燃料になる!?

ユーグレナ バイオ燃料とは

ユーグレナは培養方法によって体内に軽油に近い油をつくりだします。
※目的に応じ培養方法を変えており、食品や化粧品で使用しているユーグレナと同じではございません。

この油を抽出・精製することで、バスや船、飛行機などに利用可能なバイオ燃料が作れます。

すでに日本各地で、ユーグレナと使用済み食用油からできたユーグレナバイオディーゼル燃料を使ったバスや配送車、船が動いています。

ユーグレナ由来の次世代バイオ燃料
何で必要なの?

化石燃料 vs バイオ燃料

化石燃料の場合
\大量のCO2を排出/

飛行機や船舶、大型自動車(バスやトラック)は、水素や電気などの代替エネルギーの活用が難しい。

BAD...

バイオ燃料の場合
\CO2の総量を少なく/

カーボンニュートラルで、大気中のCO2(二酸化炭素)の総量が増えない。炭素循環型の社会を実現できるエネルギーになる。

GOOD!

従来のバイオ燃料 vs ユーグレナのバイオ燃料

従来のバイオ燃料

食糧問題が深刻化する中、トウモロコシやサトウキビは、農地を使う。

NOT GOOD...

ユーグレナのバイオ燃料

ユーグレナは砂漠でも、光合成ができれば培養可能。農地を必要とせず、持続可能なエネルギー資源になる。

GOOD!

\ 世界はもう始めている! /
バイオ燃料を日本中に広めたい!

  • 世界のバイオ燃料事情は?

    米国では2022年までに輸送用燃料の約20%、EUは2030年までに32%を、自動車用バイオ燃料にすると宣言。また、バイオジェット燃料による商業フライトも21か国以上で実現。

  • 日本のバイオ燃料事情は?

    日本のバイオ燃料の導入目標は、2022年で数%に留まる。また、バイオジェット燃料によるフライトは、商業的に継続供給されていない状況。(※2021年2月時点)

\ 日本をバイオ燃料先進国に /
GREEN OIL JAPAN

2018年に宣言した『GREEN OIL JAPAN』宣言では、わたしたちが日本で初めて完成させたバイオジェット・ディーセル燃料製造実証プラントで製造したバイオ燃料を陸・海・空における移動体に導入すること、2030年までにバイオ燃料を製造・使用するサポーターを日本中に広げることで、バイオ燃料事業を産業として確立することを目標に掲げ、現在30を超える協力団体・企業と取り組みを行っています。

『GREEN OIL JAPAN』宣言への
賛同企業・自治体・団体はこちら

イメージ イメージ イメージ

エネルギー・環境事業の
プロジェクト記録